全てか無か…、哲学的な渋い曲!「All or nothing at all」

この曲はやはり、サビからメジャーキーになる所が好きです。
マイナー⇒メジャーの切り替えがスゴくカッコいいんだな!

曲のコードの構成は、ジャズにしては複雑なんです。
師匠が何時もこの曲は弾きにくいと言っていることからも
想像が出来るな。

この曲は私が歌う曲の中でも、数少ない師匠に褒められる曲なんだな。
「君のこの歌はいいよ」って言ってもらえます。

でも今回のライブ終了後、歌が前に出てこないから
Keyを半音上げよう!!ということになりました。

次回のライブでは、難しいけど、半音の変化を楽しんでみて欲しいです。
曲の雰囲気も半音上げただけで違うんだよ。
そんな所もジャズの魅力の一つだと私は感じています。

みんなコメントして盛り上がってね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ