ジャム・セッションのやり方、参加の流れをまとめてみました。

浜博志

ホストプレイヤーの浜博志さん(ピアノ)

武里サニーサイドでは、毎月1回、第4金曜日にジャム・セッションを行なっております。
ジャム・セッションのやり方や、参加の方法を、
気にしてる方が意外に多いので、サニーサイドではどんな感じで行ってるか、
まとめてみました。

サニーサイドで行なっているジャム・セッションは、
基本的には「スタ本」の中から曲を選定して、
セッションしている人がほとんどです。

スタ本とは、ジャムセッションで演奏する、プレーヤー定番の曲集のことで、
セッションで細かい打ち合わせをしなくても演奏できるように、
キーやスケールなどをスタ本に基づいてプレイします。

この本に掲載された曲を、スタ本通りのキーで練習しておけば、
日本中どこへ行ってもジャム・セッションできます。

サニーサイドの場合は、
自分の好きな曲の楽譜を3枚用意いただければ、
どんな曲だって演奏できちゃうのが、サニーサイドのセッションの特徴です。
極端に言えば、ロックやポップスだって、演奏できるプレイヤーがいますので、
臨機応変に対応しますので、相談してください。

もちろん、ボーカルにも対応できますので、
自分のキーで書かれた譜面を持ってきてくだされば大丈夫です。

ジャム・セッション

流れとしては、

スタートはホストプレイヤーである、浜さん(ピアノ)と三浦さん(ベー)の、
インストからスタートします。

その後、ホスト・プレイヤーの浜さんの進行で、実際のセッションがスタートします。
皆さんの演奏楽器を考慮して、お名前を呼びますので、呼ばれた方は、楽しく演奏して下さい。

アドリブができなくてもOKです。
出来ない方は、事前に浜さんに言ってくださいね。

途中休憩を挟んで、20時から23時までセッションを行います。

わからないことがあったら何でも聞いてください。
それでも心配というシャイな方は、一度見学しに来てください。
とってもアットホームなので、安心して楽しめると思います。

皆さんのお越しをお待ちしておりますよ!
一緒にセッションしようよ!!

みんなコメントして盛り上がってね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ