ジャズ・ボーカリストだったら、こんな所で歌ってみたい!ジャズの街、「シカゴ」

今日、朝、テレビを見ていたら、
情報番組でシカゴの街を紹介していました。

シカゴと言えば?
シカゴ・ブルズ…。
シカゴ・カブス…。

バスケも野球も好きなんだけど、
シカゴと言えばやっぱり“ジャズ”“ブルース”は外せない。

シカゴブルースは、
ソロでアコースティックギターの、
弾き語りが多かったそれまでのブルースに対して、
エレキギターを入れたバンドスタイルなのが特徴。

その頃に活躍したブルースマンが、
マディ・ウォーターやバディ・ガイなど、
の名前が上がることでも分かります。

一方“ジャズ”がシカゴで花開いたのが、
禁酒法の時代。
あのアル・カポネなどマフィアが暗躍していた頃です。

その後、禁酒法が廃止されてダンスが流行し、
踊るための音楽“スウィング”が生まれ、
ビッグバンドのベニー・グッドマンやグレン・ミラーが活躍しました。

と話が長くなりましたが、
そのカポネ一族が経営していた、
シカゴ最古のジャズ・クラブといわれるのが“グリーン・ミル”

Green Mil グリーン・ミル

シカゴ最古のジャズ・クラブ Green Mil(グリーン・ミル)

ステージも大きくて、雰囲気があってとても素敵なお店でした。

そして、番組の中で感動したのが、“The Chicago Theatre(シカゴ・シアター)”

The Chicago Theatreの写真
The Chicago Theatre (トリップアドバイザー提供)

The Chicago Theatreの写真
The Chicago Theatre (トリップアドバイザー提供)

とにかくステージから見た客席が凄いんです!
ジャズ・ボーカリストとしては、一度で良いからこんな素敵な所で歌ってみたいな!
と思いました。

あのフランク・シナトラも、このステージに立っているんです。
楽屋の壁にサインが有りました。

たまにはジャズの名所を訪ねて回る、旅でもしたいです。

みんなコメントして盛り上がってね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ